くすのきカイロの院長ブログ

美輪さんの舞台「毛皮のマリー」を観て来ました。

最近全く演劇を観ていないんです。前に観たのが3年くらい前ですかね、こまつ座の「兄、おとうと」以来かな。

美輪さんの舞台は18年くらい前に「愛の讃歌」を観て以来です。しかも、今回は初めて行く新国立劇場となればワクワクせずにはいられません!

美輪さんの舞台は主なものに「愛の讃歌」、「黒蜥蜴」、「毛皮のマリー」とありますが結局「愛の讃歌」しか観られていなかったんですよね。

新国立劇場は初めてでしたが、いや〜ホントに立派な劇場ですね。いろんな劇場に行ってますがこんな立派なのは初めてじゃないかな。民間じゃこうは作れないですね。

開場してもう一つ驚いたのが美輪さん宛に届けられた花の多さ。

 

こんなに花が多いのは見たことがありません。美輪さんの影響力の大きさが伺えますね。facebookとインスタには動画を上げてますのでどれだけ多いか見て頂けたらと思います。

 

毛皮のマリーで忘れていけないのが作者が寺山修司ということです。彼の作品は観た事がありませんがシュールな作品ということは聞いていましたのでそんなシュールな作品を僕が理解できるのか多少の不安がありました。今まで演劇を観て来たと言っても現実的な新劇を観て来ていたのでいわゆるアングラ演劇は観た事がないんです。

でも、そんな心配はいりませんでしたね。完全に魅了されました。内容的にはゲイの話で現実離れをしたエロ、グロ、ナンセンス の世界でしたがマリーの孤独さ、生きて行く辛さがひしひしと伝わってくるんです。

この演劇は天井桟敷の3作目で寺山修司が美輪さんであて書きした作品だそうです。

そういうこともあるのか美輪さんの表現力は素晴らしいの一言で、一流の演劇人という事が改めて理解出来ました。

 

ただ、寂しかったのが平日の昼間ということもあったからでしょうか空席も多くはありませんがチラホラと見受けられました。

今の若い人は劇団☆新感線など流行の舞台を観るんでしょうね。まあ、70年代はアングラ演劇が若者の流行のだったんですが。

そんな中「さんじゅうまる」の渡辺えりさんも観にいらっしゃってましたよ。

 

という事で、やはり美輪さんの舞台はちゃんと観なきゃいけませんね。

「黒蜥蜴」はまだ観てないし「愛の讃歌」ももう一度観てみたい。

美輪さんも80を超えていますが、まだまだ演劇人として第一線で活躍なさっているのであと10年は舞台に立ち続けてくれるでしょう。

 

いやいや、美輪さんは不死身でした(^^)

3月に読んだ本

ちょっと前にKindleを買ったんですよ〜って書いたんですがそれ以来本を読むのが苦痛じゃなくなったんです。(詳しくはちょっと前の投稿をご覧ください)

せっかくまた読めるようになったんで、読んだ本の記録も兼ねてブログに簡単な感想を書いて行こうと思います。

僕は読書メーターというサイトに本の記録をしているのでそちらに書いた簡単な本の感想を貼り付けてさらにちょっと補足をして行こうと思います。

本の写真はアップしますが出版社等は書きませんので興味がある本がありましたら、ご自身で調べるか僕に直接聞いてください。(なんて不親切‼︎😵)

 

「久々の投稿。アガサクリスティーをほとんど読んでいないのでどこ                                                                           がオマージュなのかわからずそこは面白さ半減と言えるかもしれない         が普通のミステリーとしても十分楽しめる。上巻で随分話は進んでこの後謎解きだけで下巻を持たすのだろうか?ミステリー3冠でそんなことはないだろうと下巻に期待。」

そうなんです。この本は上下巻なんですが、この上巻でほとんど話が終わってるんです。えっ?そんな事ってあるの?この本年末のミステリーランキングで確か3冠取ってるんです。なのにこんな終わり方ってと思ったら。。。。。。

 

「全く前情報が無かったので下巻に入った時は「ん?なに?どうなってるの?」という感じだったが構成を理解すると面白く読み進めることが出来た。上巻が古典的なミステリーでなぜこれが1位なのかわからなかったが読み終えて納得‼」

上巻と下巻で全く違う展開なんです。設定が違うって言ったらいいのかな。上巻は作中作(?)なんです。上巻は本の中の話、下巻はその作者の話って感じです。あまり話すと面白くないんで、昔の古典的な謎解きミステリーがお好きな方にはオススメです。

 

「kindleで無料だったので手を出してみた。自己啓発物を物語調にして読みやすくしているので多くの人に読まれているのかな。教えられることはそれなりにあったかな。」

この本って ベストセラーになったんですね。続編とかも出てるくらいだから。これが実践出来たら誰でも成功しますね。僕はコカコーラが頭痛薬を薄めたものだって事が残ったなあ😅

 

「ヘミングウェイは初めて。カジキとの格闘シーンは映画を見ているような描写力でグイグイ引き込まれた。
しかし、結局は…..。
読んでいて印象に残った箇所が1箇所。
「負けてしまえば気楽なものだ。こんなに気楽だとは思わなかった。さて、何に負けたのか。」
不漁の為沖へ出過ぎたあせり、そしてプライド。
得たものを無くすのは辛いが無くしてみれば案外諦めもつきやすいという事か。」

いや〜面白かったです。なんてことはない話なんですが描写が凄いなあ。ヘミングウェイ の別の作品も読んでみたいです。

 

「約30年振り再読。30年前に読んだ時は主人公の「僕」とほぼ同じ年の時に読んだんだなあ。こんなにオシャレじゃなかったけど(笑)村上春樹の空気感はこの最初の作品から出ていたんだと実感。ピンボールが楽しみ♪
内容完全に忘れてるから。」

出た‼︎村上春樹って感じですね。上でも書いたけど空気感なんです。なんか読んでて心地いい。不思議ですよね。

 

「再読。感覚で読む小説なんだよね。突き詰めて考えると???だらけになる。???だらけなんだけどこの感覚に中毒性があるんだろうね。」

ホント⁇だらけですよ😅配電盤は何を意味してるの?双子の女の子となんで同棲…いや同居してるの?考え出したら眠れなくなっちゃうよ。「羊をめぐる冒険」からはもっとストーリー性が出て来ますね。そう遠くないうちに読みます。

 

「再読です。夢十夜は幻想的で好きな作品。特に第三夜、第七夜の喪失感が忘れられない。。黒澤明監督の「夢」はこの小説をベースに作られたんだろうなあ。」

なぜいきなり漱石先生って思われるかもしれませんが、eテレの「100分de名著」で扱っていたんで懐かしくなって読みました。上にも書きましたが夢十夜の第三夜が好きなんですよ。まだ読んだことない方是非読んでください。短い話なんですぐに読み終わりますし。漱石全集を持ってるっていうのもあるんですが50になって漱石先生を読み返すのもいいなあって思ってます。新たな発見がきっとあると思います。

 

ホントは3月中にあと1冊読んだんですが下巻が4月に入ってしまったんでその感想は次回書きますね。

VRゴーグル

昔から新しくて面白そうな物があると試してみたくなっちゃうんですよね。

おそらく父譲りですね。家にビデオデッキが来たのも26型の大型テレビが来たのもまだ全然普及する前でしたし、ウオシュレットだって買おうって言い出したのは出てすぐの頃父でしたからね。

そんな血を受け継いでいる僕が今回何を買ったかというとこれなんです。

VRゴーグル‼︎

昨年はVR元年なんて言われましたがなかなか良いものが無かったんです。ゲーム用の物かスマホをガチャンってはめ込む簡易式の物か。

でも、これは違います!

これ自体がwifiでネットに繋がる。つまりパソコンもスマホも必要ないという事なんです!

これ凄くないですか‼︎(o^^o)

 

買ったきっかけは宇多田ヒカルが昨年のツアーをVR用の動画にしたという話を聞いたから。本人曰く「見てはいけないものを見てしまった感じ」と言っていました。

僕もfacebookが作成しているライブ映像を見ましたが凄かったです。

今の3Dの技術は本当に進んでいるし、それに加えて180度、360度の映像ですからね。

見ていてその凄さに思わずわらっちゃいました😁

その後、ジュラシックワールドやモニュメントバレーを旅する映像なども見ましたがア然とするばかり。

技術はここまで進んでいるんですね。

このゴーグルを外した時は外したんじゃなくて帰って来たという感覚になりました。それくらいリアル‼

 

将来的に映画館などでこのゴーグルをして4Dのように椅子が動いたらとんでもないことになりますね。

実際、アメリカでは映画「死霊館 エンフィールド事件」をVR化したそうです。

以前、この映画は僕も観ましたがVR版は怖すぎて絶対に見られないと思います(笑)

 

そのVRゴーグルまだコンテンツが少ないんですが、2D映像も大画面で見られるんでそこはいいのかな。

ネットに繋がってるんで音声検索も出来るんでわずらわしくないし、リモコン操作も簡単なんで扱いやすいです。

このいろんな可能性を秘めているVRゴーグル、まだまだ普及していません。

手っ取り早く普及させるにはジャニーズかAKB系のアイドルがVR動画を配信するのが一番じゃないですかね。

僕なんかもBABYMETALEがライブを配信したら狂喜乱舞でしょうね。

失礼しました😅

ただこれが普及すると引きこもりも増えるかもですね。

また村上春樹を読もうかな。

大学生の時に「ノルウェーの森」がベストセラーになり、御多分に漏れず僕も村上春樹を読みあさりました。

社会人になってからも新作が出ると手にしていたんですが、ある作品を読んでから遠ざかってしまったんです。

それが「海辺のカフカ」。

どうも最後がわからない。なぜヒルが降ってくる?座敷に出て来たものは何者?

ずっと村上春樹を読んで来ても首をひねるばかりでした。

それ以来村上春樹は読んでいない。もちろん「1Q84」も「騎士団長殺し」も読んでいない。

 

その前にここ三、四年ろくに本も読まなくなっていた。あれだけ読んでたのにね。

その理由は……………老眼!(^^;

理由はそれにつきます。

本を読むとメッチャ目が疲れるようになったんですよね。

ホント「字が小さすぎて読めない‼︎」って渡辺謙 みたいに本を放り投げそうでしたよ(笑)

 

最近ハマっていたゲームももっと建設的な事をしなきゃということでスパッと足を洗い、何しようと思いついたのが読書。しかも電子図書Kindle。これなら字を大きくできるんで老眼でも読めるしバックライトなんで目も疲れにくい。 もっと早く気付けばよかった。

 

 

2週間程前に購入したんですが既に3作品4冊読みました。「カササギ殺人事件」「仕事は楽しいかね?」「老人と海」。

この読んだ本については以前のように感想を書いて行きたいと思っています。読書メーターというサイトには既に書いてますけどね。

読んだ中で「老人と海」がとにかく面白かったです。

そこでやっぱり純文学だろう、しかも大ヒットした「1Q84」も読んでいない事だし村上春樹をもう一度読み返してみようかなと思い立ち30年ぶりに「風の歌を聴け」を手に取ることにしたんです。

鼠三部作やそれに続く「ダンスダンスダンス」「ノルウェーの森」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は本当に多感な時に読んでいるので50のおっさんが読み返して何を思うか楽しみです。

 

ただ、タダですよ。新潮社は 村上春樹の書籍を電子化してないんですよ‼︎∑(゚Д゚)

これじゃあKindleで「1Q84」も「騎士団長殺し」も読めないじゃん ‼︎

Allisterのライブに行って来ました

昨日はAllister(アリスター)のライブで千葉ルックに行って来ました。 

 

船橋と千葉は近い。
5時半開場6時開演だったんで仕事を少し早く終わらせて余裕だぜと思って行ったんです。

 

 

僕がアリスターの存在を知ったのは3年くらい前。monoeyesを聴き出してからなので7年前の日本ツアーのTシャツなんて持ってない。
仕方がないのでmonoeyesのTシャツを着て行ったら早速新しいTシャツ着ている人がいるじゃないですか!

物販3時半からやってたらしいんですよね( ゚д゚)
まぁ、僕同様monoeyesのTシャツ着ている人もずいぶんいましたけどね。

ちなみにアリスターのベースのスコットはmonoeyesのベースでもあるので共通項はあるのです。

で、開場してから白Tゲットしました*\(^o^)/*

お客さんの年齢層は30代が一番多いかな。
僕くらいの年齢の人は5、6人というところでしょうか。
最近はそういう事が気になるんですよね。
いかんいかん(^^;
楽しい事に年齢は関係ない!

今回のツアー、他のライブ会場は対バンがいるんですが千葉ルックは無い。
本当のワンマン。
狭いからね〜。
300人も入らないんじゃないかな。
でもだからこそ近くで楽しめるんです。
もうホントに手が届く感じ。

6時ちょっと過ぎてスタート、1月に発売した20周年のベストアルバムを中心に何曲やったんだろう?
ずいぶんやってくれたように思うんだけどなぁ。あと、「楓」と「島唄」もやってくれましたよ。

本当に楽しい1時間半でした。
アンコールも2回出て来てくれましたしね(^^)

名古屋の対バンはmonoeyesという事でスコット大忙し‼︎
まぁ、そこは「スコットが決めるぜ‼︎」というところかな。(このフレーズを使いたかっただけですみません(^^;)

アリスターのMVをupしておきますのでよかったら聴いてみて下さい。

 

ミス・サイゴンを観ていたら

ミス・サイゴンの25周年を記念して映像化されたものをwowowで放送していたもので録画して観ていたんです。

実は僕自身日本初演を観に行ってるんですよね。
もう、22〜3年前になるのかな。
日本版初演はエンジニアが市村正親、キムが本田美奈子、クリスが岸田智史でしたかね。

今回の映像はロンドン初演から25周年ということのようです。

一応舞台的ではあるんですが、映像ありきの演出という事で僕はあまり好きではなかったんですが娘が食い入るように観てましたね。
僕はミス・サイゴン自体後半があまり好きではないのでちょっとだらけちゃいました。
曲はいいですけどね(^^)

で、ミス・サイゴンを観ていたらレ・ミゼを観たくなってしまったんです。
なぜに?って思われる方もいますかね。

この両作品は作曲者が一緒なんです。
クロード・ミッシェル・シェーンベルク。
ちなみにプロデューサーもキャメロン・マッキントッシュで一緒です。

レ・ミゼの映像は持っていないのでYouTubeで探してみると珍しいものを見つけたんです。

映画版はご覧になった方多いと思いますが、あの時アカデミー賞で主要キャストがステージで「one day more」を歌ったんですがそのリハーサル風景。
これをupしていいのかなって思いますが、みなさんリラックスした雰囲気で歌ってます。
その中でラッセル・クロウがカンニング竹山にしか見えないのは僕だけでしょうか(笑)

 

 

ラッセル・クロウも一生懸命歌ってますがちょっと遅れるんですよね。
まぁ、専門じゃないからなぁ。

でも、本番では僕の記憶では合っていたと思います。

アカデミー賞、グラミー賞、トニー賞は毎年見るもので。

「レ・ミゼラブル」は2014年のブロードウェイの再演の際のDVDがあったら即買いなんだけどなぁ。

 

 

こちらは2014年のトニー賞のパフォーマンスです。

凄いんでぜひご覧になってくださいね。

開業20周年を迎えました。

船橋で整体院を開業して3月4日で丸20年となりました。

率直の感想は「早いなあ」というところですかね。

芸能人なんかが芸能生活20年とかって時々やってますけど、傍目で見ると「そんなにやってるんだ~。」ってなりますが自分の事になるとホントあっという間、短いです。

ずっと続けたいと思って始めましたがまさか20年もですよね(笑)

これも僕の事を信頼して来院頂いている患者さんみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。

 

技術的には20年前よりもずいぶん進歩していると自負しています。新しい施術の仕方やポイントの取り方などずいぶん変わっていますが、基本的な考え方は全く変わっていません。今後もぶれずにこの施術の仕方で技術の向上を目指していきたいと思います。

20年前は背骨をボキボキ矯正するだけの整体院ばかりでしたが、最近はテレビなどでも筋肉的な事やトリガーポイントなどを取りげる番組などを目にします。

やっと時代が僕に追いついてきたという事ですかね。

 

冗談です(笑)

 

以前よりは筋肉的な施術を行う整体院も増えてきましたがまだ少ないと思います。

そういう考え方を広めていくことによって痛みから解放される方も増えてくると思います。

 

まだまだ道半ば。他の整体院さんにも負けないように更なる技術向上を目指しますし、今後もお一人でも痛みやつらい状態から抜け出すお手伝いをすべく頑張っていきたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します。

これが中年太りなのね

ちょっと前に書いたブログで3キロくらい太ったんですよって事を書いたんですが、昨日ジムに行って再度体重を量ってみたらなんと5キロ近く太っていたんです!

80キロ目前‼

さすがにビビりました(笑)

ちょっと真面目に節制していきますが、怖いなあと思ったのが顔とかは全く太って見えないという事なんですよね。

僕の場合お腹も前には出ないんですが腰と横腹に肉がついてしまう。しかも下腹にも付きやすくなっていて完全な中年太りになって来てます。

 

落とすにしても難しいのが顔は落としたくないって事です。

50になって顔の肉が落ちるとなんか貧相に見えちゃうでしょ。

 

ダイエットに部分痩せは無いっていうのが常識ですがしぼったらお腹周りだけ落ちるのかな?

とりあえず方針としては上半身ではなく下半身の筋力を強化し代謝を上げて行き、傾斜をつけて時速6キロくらいのウオーキングを取り入れる。傾斜をつけたウオーキングが一番搾れますからね。

食事の面はお酒は控え、暴食しないという方針でやっていきたいと思っています。

全く無理はないでしょ(笑)

やり方はわかってるんであとはやるだけ。

5月くらいまでに元の体重に戻せるかな?

片平里菜ちゃんのライブに行って来ました。

片平里菜ちゃんって言っても知らない人もいるのかな。
そんな人でも「女の子は泣かない」って曲は知ってる人多いですかね。

うちの娘はデビュー当時から彼女のファンでそんな関係で僕も彼女の曲を聴くようになりました。
3枚オリジナルアルバムを出していますが、昨年末にベストアルバムを発表し今回はそのライブです。

娘は前にも彼女のライブに行ってますが僕は初参戦。
見渡してみるとおじさん少しいました(^^)
よかったよかった。

で、ライブは?
ホントに彼女は歌が上手い!
生であんなに上手く歌えたら、あの歌聴いたら絶対にファンになると思います。
アコースティックでの弾き語りも良かったし、バンドでのロック調の曲も良かった\(^^)/
歌唱力があるって絶対ですね!

と、いうように彼女は良かったですがファンがおとなしいなぁ。
って感じるのは僕が弾けるライブばかりに行ってるからかな(^^;

新しい個人事務所も設立して彼女の第2章が始まるんですね。
これからも全力で応援していきます‼︎
当面は5月のチケット確保に全力を尽くします‼︎

 

動画上げておきますのでぜひ歌声を聴いてあげてください。

 

健康オタク

以前にも同じようなこと書きましたがお付き合いください。

毎年この時期になると診察の予約を入れるんです。

その診察を受けた後検査という事になるんですが何の検査か?

毎年絶対になってるのは胃カメラと首から骨盤上部までのCT。3年に一回の大腸カメラに5年に一回の脳のMRI。それとは別に2か月に一回採血と尿検査やってるのでこれでもか!ってくらい検査を受けてます。

まあ、自営業なんで誰も守ってくれないものですから早期発見という事でやれることは全てやってるんです。これだけやってダメなら仕方がない(笑)舌癌の検査はしてないですけどねw

病院という点で言うと歯医者には一月に一度行ってますし、上に書いた2か月に一度の採血、尿検査は痛風の専門病院で受けてます。

 

病院の他でも気をつけているのが運動で筋トレは出来るだけ週2回(最近はサボり気味ですがまた復活します)は行くようにしています。

 

あとサプリメントですか。

青汁はキューサイの青汁にこだわってまして(ケールの青汁だからです)、これは15年飲み続けてるかな。

あとはヤクルト。これを飲み始めたきっかけは発がんを予防する作用があるという報告がなされているから。で、このヤクルトの副作用?が凄かった!ヤクルトを飲み始めた時期と符合して花粉症がずいぶん軽くなったんです。全くないわけではないんですが薬を飲まなくても大丈夫なほどになっています。ヤクルトパワー恐るべしですね(笑)

 

あとは何だろう?

タバコは吸わない!これは絶対‼

たばこの臭いが大っ嫌いっていうのもありますけどね。大昔サラリーマンをやっていた時、僕の上司がショートホープを吸うヘビースモーカーだったんですが、本当に側にいるのが嫌だった(笑)臭いが鼻についちゃうんですよね。それが本当に取れないのを覚えています。

お酒は飲みます(痛風なのにw)。ですが基本飲むのはビール系でも発泡酒の糖質ゼロの物とハイボール。とにかく糖質と脂質にはこだわってます。でも、年末年始から暴飲暴食で3キロ程太ってしまったんで偉そうなことは言えませんが(笑)3月からまた落としますけどね。

そんなわけでいろいろやっているんですが、どうなんでしょうね~。

こんなに気をつけてる人に限ってポックリ逝っちゃう話ってよく聞きますからねwww

船橋駅徒歩3分
〒273-0005
千葉県船橋市本町6-3-10
グリーンシティときた304号

診療時間:9:00~20:00
休診日:火曜・祝祭日
駐車場:なし(近くにコインパーキング有)

院長ブログ
最新投稿一覧
整体ブログ
最新投稿一覧
お得なクーポンはこちらから

当院の施術を受けて頂きやす
いように初回限定クーポンを
ご用意しております。
バナーをクリックして印刷して お持ちください。

施術対象となる症状
  • 背中が重い・痛い
  • 腰痛(ぎっくり腰)
  • 慢性疲労
  • 首・肩こりなどの痛み
  • 椎間板ヘルニア
  • 頭痛
  • 膝の痛み
  • むちうち
  • 内臓機能低下
  • 手足のシビレ
  • O脚
  • 坐骨神経障害
  • 各種スポーツ障害
  • 五十肩
  • 妊娠・出産による腰痛、など
TOP