目からうろこの整体コラム

40歳からの筋トレのススメ

前回膝痛は筋力の低下が関係しているという話を書きました。
膝の痛みの予防としては筋力維持がとても大切になって来るんです。
年齢と共に筋力の低下は免れません。しかし、自身の習慣で筋力の低下に歯止めをかける事は可能です。

運動を習慣付ける事です。
しかもある程度の年齢から。

なぜ僕がこのようなお話をするのかというと僕自身の膝が変形性になっておりいつ痛みが出てもおかしくない膝だからです。
若い頃に柔道をやっていた関係で左の膝の靭帯と半月板を何度も損傷し、整形外科の診断、判断ミスでその後もこの膝と付き合って来ました。
外から見ても左の膝が変形しているのはわかると思います。
もちろん自分でケアをしますが筋力が落ちると痛みが出るというのがわかるだけに怖いのです。
僕は運動開始の年齢は40歳だと思っています。
実際に僕もその年齢からウエートトレーニングを始めました。

omori160214590I9A8417_TP_V

なぜかというと40歳以降筋力の低下が如実に現れるからです。
その年齢なら筋力の維持という事で無理な負荷を掛けずに運動を習慣付けられます。
もちろん50歳や60歳でも遅いという事はありませんが、とても苦しい思いをしなければなりません。

ウエートトレーニングをなさった経験がある方はおわかりだと思いますが、下半身の筋力を鍛えるのは本当に苦しい事です。

下半身の筋力を鍛える=心肺機能を鍛えるという事になるからです。

筋力が低下した後に筋力を上げて行くのはとても大変な事なのです。
ですから、筋力がまだ落ちていないうちに筋力維持を心掛ける事が大切になって来ます。

では、どのような運動がいいのでしょう。

はっきり言ってウォーキングはよっぽど意識をして歩かないと効果はありません。
歩幅を広く早足で歩く事です。
近年流行っているジョギングなどは下半身のを鍛えるという点では適していますが、いきなりはじめると逆に膝を痛める事もありえます。

筋力の強さにもよると思いますが、スロージョギングのがbetterなのではないでしょうか。

本当はジムに行ってウエートトレーニングと言いたいところなのですが、コストも掛かるし不得手な方もいらっしゃるので、せめて日常生活で続けられることから始めてみるというのもいいともいます。
具体的にはエスカレーターを使わず階段を使うとかですね。

また、好きなスポーツを見つけるというのも一つだと思います。
テニスしかりバレーボール然りですね。

そして、そのような運動習慣をつける事。
点で終わらせず線にする事が、膝痛の最大の予防法だと思います。

膝の痛みの原因は軟部組織じゃないですよ。

僕の整体院に来てくださる方で肩こり・腰痛と並んで多いのが膝の痛みです。
膝の痛みというと軟部組織が擦り減って薄くなって痛みが出るってよく言われてるでしょ。
あれって本当だと思います?
僕は全く違うと思ってます。

a1640_000388

先日、こんな患者さんがいらっしゃいました。
5年前から膝の痛みに悩まされ整形外科やいろんな整体に行ったそうです。
でも、全く改善しない。むしろ痛みは強くなり階段はおろか坂道すらも辛くて歩行が出来なというところまで行ってしまったそうです。

その方は別の患者さんからのご紹介で来てくださったのですが半信半疑だったと思いますよ。
しかし、結果はどうだったかというと1回の施術で痛みは半減したとおっしゃりとても喜んでいました。
僕は僕のやり方、考え方に沿って膝の周りに柔軟性を付けてあげただけです。

その方の5年間は何だったのでしょう?

話は反れますがその話を別の患者さんにした時に「僕なんて30年ですよ」って言われたんです。
30年腰痛に悩まされ年に何度もぎっくり腰(急性腰痛)を起こしていた方が僕の施術を受け、それからぎっくり腰から解放されもう何年もぎっくり腰を起こしていません。
これは何なのでしょう?
僕は一般的な筋肉の押し方はしません。
はっきり言って特殊な押し方です。受けた方はみなさんびっくりなさいます。
だから深いところまで押せるんです。だから改善するんです。
でも、力で押しているんじゃないんですよ。
すみません、ちょっと自慢話になっちゃいましたね(笑)

膝に話は戻しますが、軟部組織が擦り減って痛みが出るという考え方は全く理解が出来ません。
完全に擦り減って変形性まで行ったら話は違いますがそうでなければ原因は筋肉です。

では、どういう経緯で痛みが出てくるのでしょう。

年齢と共に筋肉は落ちていきます。特に足の筋肉は何も運動をしなければどんどん落ちていきます。
みなさんも年齢と共に足が細くなって来ていると思います。
特に腿の内側が。

弱った筋肉は硬くなりすいですよね。内側の筋肉がより落ちている為に膝下(しっか)の部分に痛みが出やすくなります。その場所がちょうど関節の内側なんです。
だからより誤解を受けやすいんです。

僕はある年齢になったら(40歳から)筋トレをした方がいいと思っています。
その話はまた今度書きますね。書き出したらきりが無くなるんで。

先日いらした患者さんも膝の周りにちゃんと柔軟性を付けてあげさえすれば痛みは消えると僕は確信しています。

寒い時期の肩こり・腰痛予防法

冬本番を迎えていますがこの時期は肩こりや腰痛、膝痛等を慢性的に持っている方はつらい時期になってきますね。
暖かい時でも肩こりや腰痛が出てしまうのに寒いとそれだけで血流が悪くなってしまいますから症状の悪化を引き起こします。
また、寒いというだけではなく、寒いと身体が感じることで肩をすくめてしまったり(すくめるという行為自体が力が入っていることです)肩こりの助長を引き起こします。

GREEN20160902334818_TP_V

では、この寒い時期にどのようにすれば肩こりや腰痛の予防が出来るでしょう?

一言で言うと冷やさないということです。逆に言えば温めるということですね。

温めるというと温シップを想像される方がいらっしゃいますがそれはダメです。
温シップもサーモグラフィで見てみると熱を奪っており冷やしてしまう効果があると考えられます。

そこで僕がおススメするのがホッカイロなどの使い捨てカイロです。
最近の使い捨てカイロは張るタイプのものが主流になっておりずいぶん便利になっています。

肩こりなら使い捨てカイロを肩甲骨内側の上部に貼れば寒さから肩をすくめる行為の予防になると思います。

また、腰に関しては腰痛の一番出やすい腰の下部がいいでしょう。

膝に関して言うとなかなか使い捨てのカイロは使えないでしょうからここはウール製の保温用サポーターなどで対処して頂けたらと思います。

これらの事について一つ注意点なのですが、夜寝ていて使い捨てカイロを背中や腰に貼ってしまうと体重により圧迫されるため低温やけどの原因になってしまいますので注意をしてください。

使い捨てカイロやサポーターを利用して寒い時期の肩こり、腰痛、膝痛を乗り越えましょうね。

夜、足がつりませんか?〜こむら返りの対処法

いやあ、毎日暑い日が続きますね。

ちょっと異常な暑さのように感じますがこういうのが当たり前になっていくんでしょうか?

5年後、さらに気温の上昇なんてあったらオリンピックできるの?って単純に思ってしまいます。

co2の排出をなんとかせにゃいかんですよね。

 

こんなに寝苦しい日が続くともう一つ身体に起こりやすい現象があるんです。

夜、寝ていて足がつる「こむら返り」なんですよね。

そもそもこの「こむら返り」ってどうして起こるのかというところから話して行きますと、寝ている時に人って無意識のうちに伸びをするんですよね。

その伸びをした時に足に力が加わってつっちゃうんです。

「ホントにそんなんでつるの?」って思われるかもしれませんが、寝ている時って意外に力が入るものなんです。

例えば歯ぎしりってあるでしょ。

あれって歯がすりる減っちゃうほどギーギーやっちゃいますが、歯ぎしりをする人に起きている時にやってみてくださいと言っても出来ないんです。

それくらい力が入っているんですよね。

 

あと、こむら返りを起こした時間ってなんとなく覚えてますか?

だいたい3時から4時頃が多いんですよね。

これは睡眠と関連するんですがおそらく体が起きる準備を始めるという事なのでしょうか。

でも、普段寝ていて伸びをしても足は攣らないですよね。

どういう事があると足がつるのでしょう?

一般的には足が疲れている時、足が張っている時という事が言えます。

そしてもう一つの原因が水分不足です。

この時期暑さの為に水分不足になりがちですが、そこへ持って来てビールなどのアルコールを飲んで寝るとそれに拍車をかけてしまいます。

ビール自体も利尿作用がありますし、アルコールを分解する為にも水分は必要になります。

アルコールを摂取したまま水分補給もせずに寝てしまうとこむら返りを起こしやすくなるんです。

では、こむら返りを起こした後みなさんはどのように対処していますか?

ひたすら耐えるという方もいらっしゃいますし、攣っているところを伸ばすという方もいます。

ひたすら耐えるのはやはりつらいですよね。

かと言って攣っているところを伸ばすと反対側も攣っちゃったりしてもうパニックになっちゃう事もあります。

ではどのような対処法があるのでしょう?

私の提案する方法は立ち上がっちゃうんです。

なんて無謀なと思われるかもしれませんが、立ち上がってしまえば変に力を加える事なくふくらはぎのストレッチができますし、少し落ち着いた段階で水を飲みに行くなりトイレに行くなりすればいいと思います。

ただ、一つ注意して頂きたいのがふくらはぎを伸ばす際急に伸ばすのではなくゆっくりと伸ばしていく事です。

急に伸ばすと筋肉を痛めてしまう事もありますので。

船橋駅徒歩3分
〒273-0005
千葉県船橋市本町6-3-10
グリーンシティときた304号

診療時間:9:00~20:00
休診日:火曜・祝祭日
駐車場:なし(近くにコインパーキング有)

院長ブログ
最新投稿一覧
整体ブログ
最新投稿一覧
お得なクーポンはこちらから

当院の施術を受けて頂きやす
いように初回限定クーポンを
ご用意しております。
バナーをクリックして印刷して お持ちください。

施術対象となる症状
  • 背中が重い・痛い
  • 腰痛(ぎっくり腰)
  • 慢性疲労
  • 首・肩こりなどの痛み
  • 椎間板ヘルニア
  • 頭痛
  • 膝の痛み
  • むちうち
  • 内臓機能低下
  • 手足のシビレ
  • O脚
  • 坐骨神経障害
  • 各種スポーツ障害
  • 五十肩
  • 妊娠・出産による腰痛、など
TOP