目からうろこの整体コラム

肩こりに湿布って効果あり?

よくテレビ等で「〇〇配合!患部に届いて痛みを取る‼︎」って湿布薬のCMがあったりしますが、あれって本当なんでしょうか?

肩こりに湿布を貼ると肩こりが楽になるという事も聞きますがそれはどういう事なのでしょう?

そもそも湿布薬ってどういうものなのでしょう?

ちょっと考えてみましょうか。

 

 

最近はロキソプロフェンやフェルビナクなどを配合し強い鎮痛効果をうたった湿布薬が薬局等で販売されています。

CMなどを見ると患部まで浸透し痛みを取るというイメージ図が出て来ます。

あれがどうも僕には信じられない‼︎

湿布薬は水分を含んでいますがそれが皮下の痛みの原因まで届いて痛みを取るなんてハッキリ言って不可能だと思います。

多少浸透はするでしょうが、そんなに深いところまで浸透していくとは到底考えられない。

 

今話しているのは急性の痛みについての話です。

鋭い痛みですね。

 

じゃあ、肩こりが辛くて湿布薬を貼るって事もよく聞きますけど、これって効果あるのでしょうか?

 

肩こりや慢性腰痛の原因は筋肉のコリです。

仮に本当に浸透力があり、皮下まで入ったとしても肩こりには痛みの患部が無いんですよね。

だって筋肉の硬直した状態が痛みを出しているのですから。

 

じゃあ、僕の考える湿布薬の効能ってなに?って話ですが、急性と慢性とではその理由が変わって来ると考えます。

 

最初に書いた急性、具体的に言うとぎっくり腰や寝違え、捻挫等ですがこれは痛みに伴って患部に熱を持ちます。

炎症を起こしている状態ですね。

湿布薬を貼る事によって患部の熱を奪う消炎効果!これだけでしょうね。

そういう熱を持っている箇所に湿布薬を貼っていると数時間すると乾燥してるでしょ。

つまり熱に対してその熱を奪って炎症を押さえる働きと考えていいです。

 

整体をやっていてよくあるのがぎっくり腰ですが、その場合僕も「できればアイスノンノような物で冷やして下さい。それがなければ湿布薬でも構いません」という言い方をしています。

ただ、ぎっくり腰の場合痛みの患部が深いケースが多いので、足首や膝の捻挫等のように効果が必ず認められる物ではないと思いますが。

 

では、慢性の肩こり等に対して湿布の効果はというとハッキリ言ってありません。

でも、肩こりでも湿布薬を貼ると痛みが治まったという話を聞きますがあれは何かというと気化熱です。

湿布薬を貼るとスースーした感じがしますよね。

湿布を貼ることで皮膚の表面の熱を奪っているんですが、そのスースーする感じでコリ感が緩和した感じがするんです。

コリ感がまぎれるという事ですかね。

 

〇〇ヨコヨコなる商品もありますが、あれも気加熱でコリ感を紛らわすという事です。

おそらく、アルコール等の揮発性のあるものなら同じ効果が得られると思います。

 

あとはそれを貼った、塗った事によりこれで少しは改善するという気になるプラシーボ効果です。

案外これが大きいかもしれません。

 

では温湿布は?という疑問が出て来る方もいらっしゃるかもしれません。

温湿布もサーモグラフィーで見ると湿布を貼ったまわりの熱を奪っています。。

つまり、皮膚自体は温まっていません。

 

僕は冬場など温めた方がいいケースではホッカイロのような使い捨てカイロの使用をおすすめしています。

 

湿布薬が万能薬のように扱われている感がありますが、決してそうではなく使用範囲が限られるという事を覚えておいた方がいいと思います。

 

コリ感を紛らわすという点ではストレッチ等の方がいいと思います。

そのストレッチにも限界はありますが。

(ストレッチの限界についてはまた今度書きますね)

サルコペニア、サルコペニア肥満という言葉をご存知ですか?

突然ですが、サルコペニアという言葉を聞いた事はありますか?

これは運動不足による筋力の低下を皮切りに、体の機能が低下していくというものです。

具体的に言うと、

1.外出を自粛することにより運動不足に陥る

2.運動していないので食欲がわかない

3.栄養が足りなく、運動もしないので筋力が低下する

これが悪循環となり筋力が低下し、運動機能障害を起こすというものです。

 

 

 

私は痩せてないから大丈夫と思われる方もいるかもしれませんが、運動していない状態で食欲が落ちなければ、サルコペニア肥満になっている可能性もあります。

基本的にサルコペニアは高齢者に対する言葉なのですが、整体的に見た時には決して高齢者だけの問題ではありません。

 

 

 

 

働き盛りの方でも、リモートワークが定着し外出の機会が減るとどうしても運動不足になりがちです。

私事ですが、最近アップルウォッチをつけて仕事をしているんですが、仕事をしている日と休みの日では総カロリー数が全く違います。

私の場合は体を使う仕事なのでなおでしょうが、普段の通勤でもそれなりの運動にはなります。

それが無くなると筋力低下やコリの原因にもなって来ます。

この2年間で特に高齢者の方では膝や腰回りの筋力低下によるコリからの痛み、それ以外の方は運動不足や同一姿勢の継続による肩こりや腰痛というところでしょうか。

弱い筋肉にいきなり負荷をかけると、固まって痛みが出ます。

徐々に慣らしながら運動をすることです。

固まったものはほぐせば、よっぽど時間が経過していなければ取り除くことが出来ます。

腰が曲がってしまった、背中が丸まってしまった、膝が痛くて歩くのがつらいという症状でも決して諦めることはないのです。

歳を取って身長が縮むのはなぜ?

「今年身長を測ったら2センチも縮んでたんですよ~」と患者さんがおっしゃったんです。

「身長が縮む理由ご存知ですか?」と聞くと「背中が丸まるからですか?」との返答を頂きました。

うーん、全く外れではないですが、それで2センチも縮みます?

答えをお教えしたら「へ~!」との事。

「みなさん知らないと思うので教えてあげてください。」と言われたので今こうして書いています(笑)

 

答えを言う前に、どうして身長が縮むのかみなさん考えてみてください。

背中が丸まったり、膝が曲がっても身長を測る時は背筋を伸ばして測りますから、数ミリ程度低くなることはあっても数センチという事は考えにくいですよね。

 

では答えですが、

答えは椎間板なんです。

 

背骨には椎間板がいくつもあります。

 

 

この椎間板はほとんどが水分で出来ています。

年齢と共に水分が減っていくことでそれぞれの椎間板の間隔が狭くなり、身長が縮んでいくのです。

 

そういう僕も学生時代は179.8センチあった身長が今では178センチを少し切るくらいになっています。

きんさんぎんさんの姉妹も若い時は160センチ後半の身長があったというのを聞いたことがあります。

腰が曲がっていたのもありますが、とても小さく見えますよね。

 

予防方法は?と言われてもこればかりは本当の加齢による現象なので予防方法はありません。

少しでも記録上だけでも高く保とうとすれば、前の晩に水を大量に飲んで朝起きてすぐ測れば一日の中で一番高い身長を測ることが出来ますよ。

 

 

寝違いの原因とその対処法

今年の冬は寒いですね。

年が明けてから2週間くらい施術をさせて頂いていますが、肩こり等が強めに出ている方が多いように思います。

みなさん気を付けて下さいね。

 

この2週間で寝違いを起こしたという方が何人かいらっしゃいました。

 

寝違いについてもどういう原因で起こっているのか一般にはあまり言われていないのでちょっと書いていきますね。

 

寝違いを考えた時に、ぎっくり腰との違いは何?という事ですが、どちらも筋肉繊維の損傷で炎症を伴う痛みという点では類似します。

 

違いと言えば、寝ている時に起こすのか朝起きた後に起こすのかの違いでしょうか。

 

では寝違いはどのような経緯で発症するのでしょう。

 

寝違いは寝ている時に発症します。

 

大体が朝方なのですが、その原因は身体が起きる準備をする為に伸びをします。

 

その伸びには凄い力が加わります。

 

こむら返り等も朝起きる準備の伸びをした時が多いですよね。

 

普段起きている時、足に力を入れたくらいで足攣らないでしょ。

 

歯軋りなども起きている時にはどんなに力を入れても歯軋りは出来ませんよね。

 

それくらい寝ている時には強い力が加わるのです。

 

その力が加わった時に筋肉が硬い状態だと筋肉を痛めてしまって炎症を起こし寝違いの症状を発症するのです。

 

以前、ぎっくり腰の原因を書いた時にも同じことを書きましたが、寝ている時は心臓の動きもゆっくりになるので凝っている部分はより固まる方向に行きます。

 

今年のように寒く、コリが増す状態だと寝違いのリスクも上がるのです。

 

あと寝違いの場所は首だと思っている方が多いですが、首ではなく背中の上部の筋肉を痛めて起こります。

 

首を動かす時には背中の上部の筋肉も連動して動くので、そこが炎症を起こせば首が動かなくなります。

 

ですから首を痛めたと錯覚してしまうのです。

 

では、寝違いを起こした時にはどのような対応をすればいいのでしょう?

 

基本的には筋肉の炎症なので冷やすのが正解です。

 

ほとんどの方が湿布を貼ると思いますが、湿布を貼る場所は先程書いた通り首ではなく肩甲骨の内側の上部です。

 

炎症期に患部に触ってはダメと一般的には言われますが、首周りや背中の筋肉を弛緩させる事で痛みはある程度軽減するので整体の施術を受けていいと思います。

 

ただ、炎症を起こしていますので完全に痛みが消えるのはその炎症が治まってからです。

 

炎症が治った時点でしっかりと筋肉の深部からコリを取り除き、寝違いを起こしにくい身体にしていく事です。

 

深部からのコリが無くなれば普段の肩こりや首の違和感もなくなりますからね(^^)

膝の痛みの原因は軟部組織のすり減り?

テレビを見ていると膝の痛みの原因は関節の軟部組織の摩耗という事を言うCMをよく見かけます。

 

サプリメントでその軟部組織を修復させるということのようです。

はたして、本当にそうなのでしょうか?

 

膝の痛みを訴える方は比較的高齢の方が多く、しかも膝の内側に痛みが出やすい状況です。

だから内側の軟部組織の摩耗という発想になるのでしょう。

 

確かに軟部組織がすり減って痛みが出る事もあります。

 

それは変形性の膝関節症のように、膝関節の骨と骨がぶつかるまで悪化した状態にならなければ痛みは出ません。

 

そこまで行けば痛みが出る事は否定出来ませんが、そこまで関節が摩耗している人はそんなにいません。

膝がしっかり曲がる方は変形性の膝関節症ではないと言えます。

 

では、大多数の膝痛の方の原因はなんでしょうか。

 

答えは筋力の低下とそれに伴って起こる筋肉の硬直です。

 

筋力が低下した状態で負荷を掛け続けると筋肉はこり固まって、その後硬直して来ます。

 

筋トレなどをしていても、筋力の低下が著しい場合には筋肉は発達する前に固まって行ってしまいます。

 

それが脚に起こるわけです。

 

脚は体重を支え、歩行時は常に負荷が掛かり続けます。

 

筋力が落ちた状態で無理に歩き続ければ筋肉は徐々に硬直し痛みを出し始めます。

 

腿の周りの筋肉は膝関節の中を通っていますので、筋肉が硬直し収縮を起こして筋肉の付着部のある膝関節周りに痛みを感じるようになるのです。

 

膝の痛みを取り除くには、腿周りの筋肉のハリを取り除き腿の周りに余裕を持たせて柔軟性を持たせてあげる。

 

それでほとんどの膝痛は解決します。

 

そんな事で解決するの?って思われるかもしれませんがそれが事実です。

 

ただ、表面的ではなく深部からしっかりと硬直を取り除いてあげる事が必要です。

 

軸足と身体のバランス

人の体は左右対称ではありません。

利き目があり、利き手があり、利き足があります。

 

最近は「左右対称に」という意見を聞きますが、元々が左右で働きが違うので左右非対称が当たり前ということが言えます。

 

その差を縮めることは悪いことではないですが、対称にというのはいかがなものかと僕自身は思います。

 

左右で働きが違うものを変えてしまうと必ず弊害が起きます。

 

利き手や利き目がを変えるというのはよっぽど意識しなければ出来ませんが、利き足を変える、もしくは変わってしまうというのは日常の中でよくある事です。

 

一般的に右利きの人は右足が利き足になり、左足が軸足となります。

 

普段、何気なく立っている時右利きの人は左足に体重を乗せて立っている場合が多いのはそういうわけです。

 

ですから、常に体重が乗っている左の臀部や腿まわりは右に比べてコリやすいのです。

 

しかし、この軸足がひょんな拍子に変わってしまう事があります。

 

例えば、若い時に足首の捻挫をした、膝の靭帯を痛めたなど、軸足側を痛めた場合利き足に体重を乗せて生活せざるを得ません。

 

この場合、足首や膝の痛みが治っても利き足に体重を乗せる癖がついてしまい、利き足が軸足も兼ねるようになるのです。

 

本人は全く気付いていないので、何十年も軸足と利き足が片方の足で兼ねる事になり、負担が増えコリが蓄積していきます。

僕のところにいらっしゃる方でもそういう方は少なくありません。

 

顕著な症状は臀部の張りからくる坐骨神経痛と膝の痛み、腰痛などです。

本来であれば、軸足と利き足で分担しているものが片側だけに負担を掛け、何年も過ごした結果です。

 

そういう場合は、長年に渡っての疲労の蓄積で深部から固まっていますので、深い所からのコリを取り除き、軸足を元に戻し再発を防止します。

 

何気なく立っている時にどちらの足に体重が乗っているか少し意識してみてください。

もし、利き足側に体重が乗っている場合には身体全体のバランスが崩れており、いずれ上にあげた症状が出てくる事が考えられます。

ストレートネックって治るの?~ストレートネックとコリの話~

最近、ストレートネックを改善しましょうというフレーズを聞きます。

朝の情報番組や夕方の報道番組などで特集を組まれたりしていますね。

ひと昔前まではストレートネックは治らないとされて来ました。

それなのに改善しましょう?

これはどういう事なのでしょう。

 

元来、人の背骨は横から見た時にS字を描いています。

これを整理的な湾曲と言いますが、これは頭の重さ等をS字のスプリングにより身体に負担を掛けずに支える為とされています。

ですから、その整理的な湾曲が緩かったりカーブがキツければ身体に負担が掛かって来ます。

 

例えば、腰の部分の腰椎のカーブがキツければ反り腰になり腰の下部の筋肉に負担が掛かりますし、緩ければ腰全体の筋肉に負担が掛かり腰痛の原因になります。

首の頚椎も同じで、カーブが緩く真っ直ぐに近いものをストレートネックと呼んでいます。

ここで言うストレートネックは元々は先天的なもので、それが治るということはありません。

 

では、なぜ最近ストレートネックの改善をうたっているのでしょう?

 

それは先に書いた先天的なストレートネックではなく、仮性のストレートネックが増えているからです。

 

基本的な考え方ですが、人間の背骨のズレというのは起こりません。

背骨がズレたら脱臼になりますからね。

背骨をボキボキ鳴らして背骨が矯正されるということはあり得ません。

あれは背骨がただ鳴っているだけなんですよね。

その証拠に一度鳴らして20分もするとまた鳴るようになります。

 

背骨のズレは起こり得ませんが、歪みは起こします。

これはどういうことかと言えば、筋肉は骨に付着しています。

その筋肉がこって固まると筋肉は収縮を起こします。

その力は強く、背骨を引っ張り歪みが起こります。

 

ひどいぎっくり腰を起こした時に身体が横によじれる事がありますが(側へんと言います)あれは典型的な筋肉の収縮による身体の歪みです。

 

筋肉は凝り固まるとそれくらい強い力で収縮します。

 

では、首の仮性のストレートネックはどういう理由で起こるのかというと、パソコンやスマホなどを多用する現代人は下を向く生活習慣になっています。

現代はノートパソコンが主流で下を向きますし、デスクトップだとしてもモニターを見るために頭を前に出し覗き込む姿勢をとりがちです。

顎を前に出す姿勢と言えばわかりやすいですかね。

電車の中でもほとんどの人がスマホを片手に下を向いています。

このように下を向く時間が長くなる事で、首から背中に掛けての筋肉が丸まった状態で固まって行きます。

いわゆる猫背の状態ですよね。

それにより頭の位置も前に出て、首のカーブが緩くなる。

頭が前に出ている状態、それが仮性ストレートネックです。

このイラストはちょっと極端ですけどね(笑)

自分で真っ直ぐにしようと思っても筋肉は背中や肩や首が丸まった状態で固まっていますから、姿勢を正してもすぐに疲れて、また丸まった姿勢を取りさらに固まって行くという悪循環に陥りこりを助長していきます。

 

改善方法としてはその固まった筋肉の凝りを深い所からしっかり取り除いて姿勢を作りやすくするしかありません。

姿勢が正せれば頭の位置は元に戻りますから、仮性のストレートネックは改善します。

 

知らず知らずのうちに頭の位置が前に出ていませんか?

朝起きた時、肩がこってるのは枕のせい?

朝起きた時に腰が痛かったり肩が凝った感じがする人が少なくありません

テレビなど見ていると、それは布団のせいとか、枕のせいとしているのをよく見かけます。

質のいい睡眠などというフレーズもよく聞きますね。

朝起きた時に肩が凝った感じが増していて枕を何度も変えているという方も少なくないように聞きます。

寝ていて症状が増してしまうのは布団や枕が悪いからでしょうか?

 

僕の答えはそうではありません。

 

朝起きた時に症状が増しているのは元々コリが強いからです。

 

どういう事でしょう?

 

人は寝ている時は心臓の動きもゆっくりになり血流が悪い状態になります。

つまり、慢性的にコリが強いところも血流が悪いですからより凝っている状態になってしまいます。

 

それで朝起きた時にコリが増して感じるのです。

その証拠に起きて2〜3時間もすると症状は緩和します。

それは血流が良くなるからです。

 

では布団や枕はなんでもいいかと言えばそうとも言えません。

 

布団で言えば、柔らかく沈むタイプのものは腰への負担が大きく腰痛の原因になりますし、高さの高い枕は肩こり、首こりの原因になります。

 

その2タイプに気をつければあとは好みになります。

 

僕は腰痛や肩こりのためにそんなに高い寝具を買う必要はないと考えます。

 

それよりも、慢性的なコリを取り除く事です。

 

しっかりと筋肉の深部からコリを取り除けば朝の症状は無くなります。

花粉症とぎっくり腰

今年は花粉の量がここ数年の中では1番多いようですね。

花粉症を持ちの方はつらい時期を過ごされていることと思います。

スギ花粉ならあと1ヶ月、ヒノキもならあと2ヶ月弱ですか。長いですね。

 

この花粉症の時期に整体的に気をつけて頂きたいことがあります。

それはくしゃみをした拍子に起こしてしまうぎっくり腰です。

 

ぎっくり腰の起こしやすい時間帯は以前にも書きましたが午前中が圧倒的に多いです。

 

それは寝ている時の血流が悪い為、慢性腰痛持ちの方は朝起きた時に腰のハリが強く出るのですが、その際くしゃみなどの強い衝撃が加わるとぎっくり腰を起こすリスクが格段に高まってしまいます。

 

花粉症もモーニングアタックという言葉があるように朝くしゃみや鼻水、目のかゆみなど強く出るとこが多いです。

すなわち両方の強く出る時間帯が重なる朝起きてからの2〜3時間は要注意ということが言えます。

 

具体的にどのような対応策があるかというと、くしゃみをする際、どこかをつかむ事です。

何かにつかまる事でくしゃみの衝撃を腰に直接行かなくするのです。

 

もし、何もつかまるところがない場合には、腰をかがめ両膝に手を添えた姿勢でくしゃみをする事です。

 

これらの行為は側から見ると滑稽に映るかもしれませんが、くしゃみによるぎっくり腰を予防するという点ではとても大切な事なのです。

どうして肩こりは治らないの?

どうして肩こりが治らないのかを考える時に、まずどうして肩こり症になったのかを考える事です。

原因がわかれば解決法もわかるでしょ。

 

一過性の肩こりは何もしなくても一晩寝ればコリを感じなくなってしまいます。

ですからその後気にせず生活をするわけですが、仕事などで毎日パソコンとにらめっこをしていると徐々に一晩寝てもこりが取れなくなって来ます。

 

これはどういう事かというと、一晩寝てこりを感じなくなっているのは、こりが取れているわけではなく、ただ感じなくなっているだけだからです。

 

世間ではあまり言われませんが、こりは蓄積するんです。

コリはため込まれて行きます。

 

肩が凝っても筋肉に余裕があるうちは一晩寝てこり感は無くなりますが、それを何度も繰り返すと筋肉に柔軟性が無くなって深部から固まって来ます。

つまり、筋肉に余裕が無い状態になってしまうのです。

 

そこまで固まってしまうと表面的なコリを取ってもすぐにコリ感が戻って来てしまいます。

 

では、そこまで固まってしまった肩こりはもう改善出来ないのでしょうか?

 

そんな事はありません。

 

表面的ではなく、筋肉の深部からコリを取り除けば肩こりは改善して来ます。

つまり溜め込んだコリを吐き出させる作業をして行けばいいのです。

 

くすのきカイロでは、開業以来20数年筋肉の深部からコリを取り除く施術を行い、多くの実績をあげています。

 

なかなか肩こりが改善せず悩んでいる方も多いかと思いますが、決して諦める事はないのです。

 

船橋駅徒歩3分
〒273-0005
千葉県船橋市本町6-3-10
グリーンシティときた304号

診療時間:9:00~20:00
休診日:火曜・祝祭日
駐車場:なし(近くにコインパーキング有)

院長ブログ
最新投稿一覧
整体ブログ
最新投稿一覧
お得なクーポンはこちらから

当院の施術を受けて頂きやす
いように初回限定クーポンを
ご用意しております。
バナーをクリックして印刷して お持ちください。

施術対象となる症状
  • 背中が重い・痛い
  • 腰痛(ぎっくり腰)
  • 慢性疲労
  • 首・肩こりなどの痛み
  • 椎間板ヘルニア
  • 頭痛
  • 膝の痛み
  • むちうち
  • 内臓機能低下
  • 手足のシビレ
  • O脚
  • 坐骨神経障害
  • 各種スポーツ障害
  • 五十肩
  • 妊娠・出産による腰痛、など
TOP