目からうろこの整体コラム

肩こりに湿布って効果あり?

よくテレビ等で「〇〇配合!患部に届いて痛みを取る‼︎」って湿布薬のCMがあったりしますが、あれって本当なんでしょうか?

肩こりに湿布を貼ると肩こりが楽になるという事も聞きますがそれはどういう事なのでしょう?

そもそも湿布薬ってどういうものなのでしょう?

ちょっと考えてみましょうか。

 

 

最近はロキソプロフェンやフェルビナクなどを配合し強い鎮痛効果をうたった湿布薬が薬局等で販売されています。

CMなどを見ると患部まで浸透し痛みを取るというイメージ図が出て来ます。

あれがどうも僕には信じられない‼︎

湿布薬は水分を含んでいますがそれが皮下の痛みの原因まで届いて痛みを取るなんてハッキリ言って不可能だと思います。

多少浸透はするでしょうが、そんなに深いところまで浸透していくとは到底考えられない。

 

今話しているのは急性の痛みについての話です。

鋭い痛みですね。

 

じゃあ、肩こりが辛くて湿布薬を貼るって事もよく聞きますけど、これって効果あるのでしょうか?

 

肩こりや慢性腰痛の原因は筋肉のコリです。

仮に本当に浸透力があり、皮下まで入ったとしても肩こりには痛みの患部が無いんですよね。

だって筋肉の硬直した状態が痛みを出しているのですから。

 

じゃあ、僕の考える湿布薬の効能ってなに?って話ですが、急性と慢性とではその理由が変わって来ると考えます。

 

最初に書いた急性、具体的に言うとぎっくり腰や寝違え、捻挫等ですがこれは痛みに伴って患部に熱を持ちます。

炎症を起こしている状態ですね。

湿布薬を貼る事によって患部の熱を奪う消炎効果!これだけでしょうね。

そういう熱を持っている箇所に湿布薬を貼っていると数時間すると乾燥してるでしょ。

つまり熱に対してその熱を奪って炎症を押さえる働きと考えていいです。

 

整体をやっていてよくあるのがぎっくり腰ですが、その場合僕も「できればアイスノンノような物で冷やして下さい。それがなければ湿布薬でも構いません」という言い方をしています。

ただ、ぎっくり腰の場合痛みの患部が深いケースが多いので、足首や膝の捻挫等のように効果が必ず認められる物ではないと思いますが。

 

では、慢性の肩こり等に対して湿布の効果はというとハッキリ言ってありません。

でも、肩こりでも湿布薬を貼ると痛みが治まったという話を聞きますがあれは何かというと気化熱です。

湿布薬を貼るとスースーした感じがしますよね。

湿布を貼ることで皮膚の表面の熱を奪っているんですが、そのスースーする感じでコリ感が緩和した感じがするんです。

コリ感がまぎれるという事ですかね。

 

〇〇ヨコヨコなる商品もありますが、あれも気加熱でコリ感を紛らわすという事です。

おそらく、アルコール等の揮発性のあるものなら同じ効果が得られると思います。

 

あとはそれを貼った、塗った事によりこれで少しは改善するという気になるプラシーボ効果です。

案外これが大きいかもしれません。

 

では温湿布は?という疑問が出て来る方もいらっしゃるかもしれません。

温湿布もサーモグラフィーで見ると湿布を貼ったまわりの熱を奪っています。。

つまり、皮膚自体は温まっていません。

 

僕は冬場など温めた方がいいケースではホッカイロのような使い捨てカイロの使用をおすすめしています。

 

湿布薬が万能薬のように扱われている感がありますが、決してそうではなく使用範囲が限られるという事を覚えておいた方がいいと思います。

 

コリ感を紛らわすという点ではストレッチ等の方がいいと思います。

そのストレッチにも限界はありますが。

(ストレッチの限界についてはまた今度書きますね)

サルコペニア、サルコペニア肥満という言葉をご存知ですか?

突然ですが、サルコペニアという言葉を聞いた事はありますか?

これは運動不足による筋力の低下を皮切りに、体の機能が低下していくというものです。

具体的に言うと、

1.外出を自粛することにより運動不足に陥る

2.運動していないので食欲がわかない

3.栄養が足りなく、運動もしないので筋力が低下する

これが悪循環となり筋力が低下し、運動機能障害を起こすというものです。

 

 

 

私は痩せてないから大丈夫と思われる方もいるかもしれませんが、運動していない状態で食欲が落ちなければ、サルコペニア肥満になっている可能性もあります。

基本的にサルコペニアは高齢者に対する言葉なのですが、整体的に見た時には決して高齢者だけの問題ではありません。

 

 

 

 

働き盛りの方でも、リモートワークが定着し外出の機会が減るとどうしても運動不足になりがちです。

私事ですが、最近アップルウォッチをつけて仕事をしているんですが、仕事をしている日と休みの日では総カロリー数が全く違います。

私の場合は体を使う仕事なのでなおでしょうが、普段の通勤でもそれなりの運動にはなります。

それが無くなると筋力低下やコリの原因にもなって来ます。

この2年間で特に高齢者の方では膝や腰回りの筋力低下によるコリからの痛み、それ以外の方は運動不足や同一姿勢の継続による肩こりや腰痛というところでしょうか。

弱い筋肉にいきなり負荷をかけると、固まって痛みが出ます。

徐々に慣らしながら運動をすることです。

固まったものはほぐせば、よっぽど時間が経過していなければ取り除くことが出来ます。

腰が曲がってしまった、背中が丸まってしまった、膝が痛くて歩くのがつらいという症状でも決して諦めることはないのです。

歳を取って身長が縮むのはなぜ?

「今年身長を測ったら2センチも縮んでたんですよ~」と患者さんがおっしゃったんです。

「身長が縮む理由ご存知ですか?」と聞くと「背中が丸まるからですか?」との返答を頂きました。

うーん、全く外れではないですが、それで2センチも縮みます?

答えをお教えしたら「へ~!」との事。

「みなさん知らないと思うので教えてあげてください。」と言われたので今こうして書いています(笑)

 

答えを言う前に、どうして身長が縮むのかみなさん考えてみてください。

背中が丸まったり、膝が曲がっても身長を測る時は背筋を伸ばして測りますから、数ミリ程度低くなることはあっても数センチという事は考えにくいですよね。

 

では答えですが、

答えは椎間板なんです。

 

背骨には椎間板がいくつもあります。

 

 

この椎間板はほとんどが水分で出来ています。

年齢と共に水分が減っていくことでそれぞれの椎間板の間隔が狭くなり、身長が縮んでいくのです。

 

そういう僕も学生時代は179.8センチあった身長が今では178センチを少し切るくらいになっています。

きんさんぎんさんの姉妹も若い時は160センチ後半の身長があったというのを聞いたことがあります。

腰が曲がっていたのもありますが、とても小さく見えますよね。

 

予防方法は?と言われてもこればかりは本当の加齢による現象なので予防方法はありません。

少しでも記録上だけでも高く保とうとすれば、前の晩に水を大量に飲んで朝起きてすぐ測れば一日の中で一番高い身長を測ることが出来ますよ。

 

 

寝違いの原因とその対処法

今年の冬は寒いですね。

年が明けてから2週間くらい施術をさせて頂いていますが、肩こり等が強めに出ている方が多いように思います。

みなさん気を付けて下さいね。

 

この2週間で寝違いを起こしたという方が何人かいらっしゃいました。

 

寝違いについてもどういう原因で起こっているのか一般にはあまり言われていないのでちょっと書いていきますね。

 

寝違いを考えた時に、ぎっくり腰との違いは何?という事ですが、どちらも筋肉繊維の損傷で炎症を伴う痛みという点では類似します。

 

違いと言えば、寝ている時に起こすのか朝起きた後に起こすのかの違いでしょうか。

 

では寝違いはどのような経緯で発症するのでしょう。

 

寝違いは寝ている時に発症します。

 

大体が朝方なのですが、その原因は身体が起きる準備をする為に伸びをします。

 

その伸びには凄い力が加わります。

 

こむら返り等も朝起きる準備の伸びをした時が多いですよね。

 

普段起きている時、足に力を入れたくらいで足攣らないでしょ。

 

歯軋りなども起きている時にはどんなに力を入れても歯軋りは出来ませんよね。

 

それくらい寝ている時には強い力が加わるのです。

 

その力が加わった時に筋肉が硬い状態だと筋肉を痛めてしまって炎症を起こし寝違いの症状を発症するのです。

 

以前、ぎっくり腰の原因を書いた時にも同じことを書きましたが、寝ている時は心臓の動きもゆっくりになるので凝っている部分はより固まる方向に行きます。

 

今年のように寒く、コリが増す状態だと寝違いのリスクも上がるのです。

 

あと寝違いの場所は首だと思っている方が多いですが、首ではなく背中の上部の筋肉を痛めて起こります。

 

首を動かす時には背中の上部の筋肉も連動して動くので、そこが炎症を起こせば首が動かなくなります。

 

ですから首を痛めたと錯覚してしまうのです。

 

では、寝違いを起こした時にはどのような対応をすればいいのでしょう?

 

基本的には筋肉の炎症なので冷やすのが正解です。

 

ほとんどの方が湿布を貼ると思いますが、湿布を貼る場所は先程書いた通り首ではなく肩甲骨の内側の上部です。

 

炎症期に患部に触ってはダメと一般的には言われますが、首周りや背中の筋肉を弛緩させる事で痛みはある程度軽減するので整体の施術を受けていいと思います。

 

ただ、炎症を起こしていますので完全に痛みが消えるのはその炎症が治まってからです。

 

炎症が治った時点でしっかりと筋肉の深部からコリを取り除き、寝違いを起こしにくい身体にしていく事です。

 

深部からのコリが無くなれば普段の肩こりや首の違和感もなくなりますからね(^^)

軸足と身体のバランス

人の体は左右対称ではありません。

利き目があり、利き手があり、利き足があります。

 

最近は「左右対称に」という意見を聞きますが、元々が左右で働きが違うので左右非対称が当たり前ということが言えます。

 

その差を縮めることは悪いことではないですが、対称にというのはいかがなものかと僕自身は思います。

 

左右で働きが違うものを変えてしまうと必ず弊害が起きます。

 

利き手や利き目がを変えるというのはよっぽど意識しなければ出来ませんが、利き足を変える、もしくは変わってしまうというのは日常の中でよくある事です。

 

一般的に右利きの人は右足が利き足になり、左足が軸足となります。

 

普段、何気なく立っている時右利きの人は左足に体重を乗せて立っている場合が多いのはそういうわけです。

 

ですから、常に体重が乗っている左の臀部や腿まわりは右に比べてコリやすいのです。

 

しかし、この軸足がひょんな拍子に変わってしまう事があります。

 

例えば、若い時に足首の捻挫をした、膝の靭帯を痛めたなど、軸足側を痛めた場合利き足に体重を乗せて生活せざるを得ません。

 

この場合、足首や膝の痛みが治っても利き足に体重を乗せる癖がついてしまい、利き足が軸足も兼ねるようになるのです。

 

本人は全く気付いていないので、何十年も軸足と利き足が片方の足で兼ねる事になり、負担が増えコリが蓄積していきます。

僕のところにいらっしゃる方でもそういう方は少なくありません。

 

顕著な症状は臀部の張りからくる坐骨神経痛と膝の痛み、腰痛などです。

本来であれば、軸足と利き足で分担しているものが片側だけに負担を掛け、何年も過ごした結果です。

 

そういう場合は、長年に渡っての疲労の蓄積で深部から固まっていますので、深い所からのコリを取り除き、軸足を元に戻し再発を防止します。

 

何気なく立っている時にどちらの足に体重が乗っているか少し意識してみてください。

もし、利き足側に体重が乗っている場合には身体全体のバランスが崩れており、いずれ上にあげた症状が出てくる事が考えられます。

ぎっくり腰のリスクの高い時間帯

ぎっくり腰を起こすシチュエーションを想像してみて下さい。

どのような場面を想像しますか?

 

顔を洗っていて、歯を磨いていて、物を拾おうとして、ソファーから腰を上げた瞬間、くしゃみをした拍子、ラジオ体操をしていて等々。

 

パッと思いつくのは特に重い物を持ったわけではないのにぎっくり腰を起こすものばかりです。

なぜこのようなちょっとした日常生活の動作で起こすのでしょう?

 

元々腰に柔軟性があればぎっくり腰を起こす事はありません。

その証拠に子供がぎっくり腰を起こしたという話は聞いたことがないはずです。

 

長年の座り方や運動不足などで腰の筋肉が硬くなりちょっとした拍子にぎっくり腰を起こしてしまうのです。

 

ぎっくり腰とは骨や関節の問題ではなく筋肉を痛めてしまっての炎症ですから柔軟性があればぎっくり腰を起こすリスクは格段に下がります。

 

上にあげたようなちょっとした拍子に起こすぎっくり腰には起こしやすい時間帯があるというのはご存知でしょうか?

 

顔を洗っていてや歯を磨いていてに代表されるようにぎっくり腰は朝起こすリスクが他の時間帯と比べて格段に高いのです。

 

眠れば疲れが取れ身体が回復すると思われるでしょう。

一般的にはそうなのですが、普段からコリが酷くある場所はそうではなく、朝起きた時にコリが増しているということが起こります。

 

寝ている時は心臓の動きもゆっくりとなり血流は起きている時よりもゆっくりとなります。

言い換えれば血流が悪くなっているので慢性的にコリが強い場所はコリが増す方向に行くのです。

 

寝起きに腰が痛いとか肩こりが強く出てしまうのはその為です。

決して布団や枕のせいではなく、慢性的に腰や肩が凝っているという事なのです。

 

朝、腰が重いという症状が出る方も2〜3時間で軽減する事が多いのは血流が良くなり腰のハリが多少緩和するからですが、逆に言えばぎっくり腰を起こすリスクとしてはその2〜3時間が危険な時間帯と言えます。

 

ネコ体操のように上半身の重さを加えないストレッチやカイロなどを貼って最初に腰を温めてから動くという工夫が必要になります。

 

そして根本からぎっくり腰のリスクを下げるには腰の深部からコリを取り除き柔軟性をつけるしか方法が無いというのが現実です。

 

肩の凝らないノートPCの使い方

COVID-19への措置として社会的にリモートワークの推奨が叫ばれましたが、その結果肩・首・背中・腰にコリの症状や痛みにまで発展した人が少なくないように思います。

元々、職場でもノートPCではあったと思いますが自宅では机や椅子が仕事用にはなっておらず食卓で仕事をしたり床に座って仕事、ひどいケースではベッドの上で仕事をしていたという話も聞きました。

 

職場でノートPCを使っていても肩や首、背中に負担が掛かるのに自宅の環境だとさらに拍車が掛かってしまいます。

今後はリモートワークも一般的になって行くでしょうからデスクと椅子を買ってという人もいるかもしれませんが、日本の住宅事情を考えた時にそんなスペースがあるのか?
という疑問も出て来ます。

その前に仕事用のデスクや椅子を揃えたところでノートPC自体がコリを助長させやすい代物だという事も言えます。

 

出来ればデスクトップを使いたい。

デスクトップなら目線も水平に保てるのでずっと下を向き続ける事はない。

モニターを覗き込む事と肩をすくめる事を注意すればコリはそこまでひどくは出ません。

でも今更デスクトップなんて置けるわけもない。

で、あればノートPCで同じ状況を作ってあげればいいと言えます。

今はこのようなノートPC用の台が売っています。

 

ここにノートPCを置けばいいのです。

でも、そうするとキーボードを打つのに腕がずいぶん上がってしまいその状態が続くと肩こりや背中のコリが出て来てしまいます。

そこで使いたいのがBluetoothで接続するキーボードです。

 

これなら目線は水平を保て、腕も下げられます。

有線のようにサクサク打てない場合もありますが、少なくてもそのままひどい姿勢で長時間仕事をするよりははるかに体へ対する負担は軽くなると思います。

肩や首のコリを我慢していると頭痛が出たり、腕が痺れたりという二次的な症状を引き起こします。

そうなると深部のコリを取り除くしか改善方法は無くなってしまいます。

そうならないように日々の姿勢には気をつけて仕事をして行きましょう。

骨盤矯正は意味がない

僕の整体院に来てくださっている方は、僕の考え方をご存知だと思うので骨盤矯正には意味が無いということをご存知だと思います。
でも、最近は骨盤矯正の考えが定着した感があってみんな骨盤の歪みを矯正したいと考えているのではないでしょうか。

でも、人間はそもそも完全に左右対象であるべきなのでしょうか?

僕はそんな必要は無いと考えています。
その理由をこれからお話していきますね。

みなさん利き手ってあるでしょ。
利き手があるっていうことは利き足もあるんです。
ボールを蹴るのが利き足です。止まっていて歩き出しに一歩目を出すのも利き足が多いはずです。
利き足があるという事は反対の足は体重が乗る足、すなわち軸足になります。

休めの姿勢で無意識に体重を乗せているのが軸足です。

人間の体にはこの様に左右によって働きの違いがあります。

これを前提に骨盤を考えて行きましょう。

体重は左足に乗ります。ですから左の臀部は立位では緊張状態にあります。

いつもお話ししますが筋肉が「こる」原因は持続的な力が加わっている状態が続く時です。
ですから左の臀部は右の臀部よりもコリやすい状態にあります。

身体が歪む原理は骨だけが歪むわけではなく、筋肉のコリが筋収縮を引き起こし骨を引っ張ることにより骨格の歪みが生じます。
ですから、骨をボキボキ鳴らしたからといって矯正できるはずがないんです。

これは僕の考え方の基本です。

左の臀部が緊張状態にある為、左に多少の骨盤の歪みが生じます。
ですから、左右の足の長さが微妙に違うわけです。
一般的に左の足が多少短いのはその為です。

よく、整体師が「足の長さを同じにします」と言ってボキボキやって足の長さを同じにするデモンストレーションをやったりしますが、あれは20分もすれば元に戻ってしまいます。

ここまでお話すればお分かりでしょうが、臀部の筋肉のコリを取ってあげれば骨盤はある程度の位置に戻ると考えます。

それよりも怖いのが、過去に足首や膝の怪我をした事から軸足が変わってしまうことです。

軸足が右に移り、利き足と軸足を兼ねる様になると、右の臀部のコリは著しくなります。

右臀部の筋収縮が起こりトリガーポイントが形成された場合そこから脚のシビレが出ます。

これが坐骨神経痛を起こす典型的なパターンです。

骨盤矯正よりもこちらの方がよっぽど重要だと考えます。

朝起きて肩こり、腰痛が増している理由

朝起きて肩こりや腰痛が増しているってことはありませんか?
起きた時に肩こりや腰痛がひどくなっていると得てして枕のせいだ、布団のせいだと言いたくなりますが本当にそうなのでしょうか?
これはご存知ない方が殆どだと思いますが、枕や布団で状態が出るケースは稀と言っていいんです。
では、何が原因で肩こりや腰痛がひどくなってしまうのでしょう。

 

寝起き

 

朝起きて症状が増す方は元々慢性的に肩こり、腰痛の状態を持っている方です。

夜眠っている時は心臓の動きもゆっくりになり血行自体が悪い状態になる為、元々慢性的に肩こり、腰痛持ちの方はよりコリが増している状態になってしまいます。

ですから朝起きた時に症状が増している感覚になるのです。

朝起きて2〜3時間程で血行も良くなってくるので朝起きた時の症状は改善して来ます。

いわゆるギックリ腰などもこのハリが増している時間帯に起きることが多いので午前中に注意しなければいけないという理由はこういう事なのです。

私が施術をさせて頂いている方も朝症状が出るという場合はまだ深部のコリが残っているという事であり、朝コリの症状が出なくなれば深部のコリも取れたと考えて頂いていいのです。

朝、肩こりや腰痛の症状が増している方は慢性的なコリをお持ちの方なのでこれ以上悪化させない為に早めにコリを取り除いた方がいいんですよ。

コリの低年齢化とその原因

昨今、肩こりの低年齢化が進んでいます。
私の整体院にも現在小学生と高校生の患者さん数人がいらしています。
一昔前でしたら子供の肩こりなんてと言われるかと思いますが今では親が子供の肩を揉んでいるなんて話も聞いたりします。
なぜ近年このような事が起こり出したのでしょう?

大きな要因の一つが子供達の体力の低下です。
子供の頃の運動不足により必要な筋力の発達が進まず凝りやすい体質を作っているのだと思います。
実際、野球やサッカー等クラブ活動で身体を動かす子供はいても私達の子供の頃の様に外で走り回って遊ぶ子供は皆無です。
道路で遊ぶと車が危ない、知らない大人が危険、だから極力子供だけで遊ばせない。
公園で子供を見つけてもみんなで通信ゲームをする始末。
これでは必要な筋力の発達は行われず凝りやすい体質になってしまいます。

そして子供をめぐる生活環境の変化です。
ゲーム、スマホ、塾その他の習い事。
それらは眼精疲労も起こり首や肩こりの原因となっていきます。
実際に私の子供も塾や習い事に行っていますが高2の娘は私に肩を押してくれと言ってきます。

 

無題

小5の息子も自覚症状こそありませんが肩を押してみると凝っている状態です。
ゲームやスマホの時間は制限を掛けられますが塾や習い事となると多くなる事はあっても少なくなる事はあまり考えられないでしょうから今後はそれらが子供達のコリの大きな要因になってくるのだと思います。

自分の子供を被験者にしてしまっているのですが今後も塾や習い事によるコリの発生に注視し成長と共に人の体にどの様な影響があるのか考察して行きたいと思います。

船橋駅徒歩3分
〒273-0005
千葉県船橋市本町6-3-10
グリーンシティときた304号

診療時間:9:00~20:00
休診日:火曜・祝祭日
駐車場:なし(近くにコインパーキング有)

院長ブログ
最新投稿一覧
整体ブログ
最新投稿一覧
お得なクーポンはこちらから

当院の施術を受けて頂きやす
いように初回限定クーポンを
ご用意しております。
バナーをクリックして印刷して お持ちください。

施術対象となる症状
  • 背中が重い・痛い
  • 腰痛(ぎっくり腰)
  • 慢性疲労
  • 首・肩こりなどの痛み
  • 椎間板ヘルニア
  • 頭痛
  • 膝の痛み
  • むちうち
  • 内臓機能低下
  • 手足のシビレ
  • O脚
  • 坐骨神経障害
  • 各種スポーツ障害
  • 五十肩
  • 妊娠・出産による腰痛、など
TOP